読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

演劇

「身を乗り出して」見た舞台。これはもう「二枚看板の芝居」と言っていい――『雪まろげ』観劇記

「私は笑えない」。 主人公の夢子が、新聞記者で「詩人」の大悟が持っているメモにあった失恋の詩を聞いて笑う他の芸者衆の前でこぼす科白です。私はゲームでもそうですが、舞台でもその「物語」を追いかけるとき、登場人物の気持ちに没入していくタイプなの…

すべてをテレビジョンのフレームの中に押し込みたい――青年劇場企画「相貌」観劇記

そろそろ公演も終わったと思うので、公開します(私は12/16夜の部を観賞)。 青年劇場・スタジオ結企画第5回公演「相貌(そうぼう)」を見てきました。今回は、ちょっと残念な感想です。 80席ぐらいしかない小さなスペース(基本的には劇団の稽古場を小劇場…

おすすめ:いよいよ再演と地方巡演の青年劇場「臨界幻想2011」

「なぜこれだけ見えていたことが防げなかったんだ~!」 終演後、あまりの悔しさに思わずこう叫んでしまった演目です。 所属している地区労(東京23区内なので区労協ですが)で演劇鑑賞会があって、青年劇場さんの「社会派」演目は毎回真剣に(※楽しく、では…