読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Image::MagickをWindows XP + ActivePerl環境に導入。

 某ホームページ(私はクルマの運転&写真撮影&ホームページ作成技術班)の写真集作成を省力化しようと、Windows XPマシンにSereneBachを導入しようとしたら……

Image::Magickは導入されていません。

と怒られてしまった。目的からしてサムネール作成機能はぜひとも使いたいところ、そこで……
導入しましたよ、Image::Magick(もちろんActivePerl用の"PerlMagick"モジュールも……ってこっちが主目的)。


 導入は通常なら以下の手順で。

  1. http://www.imagemagick.net/ に行き、左側メニューの"Binary Releases"の下の"Windows"をクリック。
  2. わからなければとにかくこれを導入! と英語で書かれている、最新のQ16-Windows-dllバージョンをダウンロードする。
  3. ダウンロードしたexeファイルを実行。
  4. オプションを聞かれるので、"Update executable search path"と"Install PerlMagick for ActivePerl"を必ず選択、"Associate supported file extensions with ImageMagick"は選択しない状態(あとはお好みで)にしてインストール開始。
  5. あとは勝手にやってくれます。


 正直、もっと大変かと思っていました。……というか、上の2.が(タイミングが悪かったのか)ダウンロードできなくてあちこち探し回ったあげく、こんなものを見つけて「おおっ!」となって、PerlMagickだけ先に導入したわけですが。

ppm install http://www.bribes.org/perl/ppm/Image-Magick.ppd

 PerlMagickだけでイイ! しかも最新バージョンでなくてもイイ! という方にはこれがいちばん気楽です、ハイ。