読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜市立小学校の休校基準

 神奈川県全域に「大雨洪水警報」が出ているのですが、横浜市立小学校の休校基準を見ると、これでは休校にならないようで。

 1. 午前7時の段階で、横浜市内(神奈川県全域または神奈川県東部)に『暴風をともなう警報』(例えば『暴風警報』・『暴風・大雨・洪水警報』等)及び『大雪警報』が発令継続中の場合は、横浜市立学校は一斉に臨時休業になります。
 ※7時以降、途中で警報が解除されても休業は変わりません。
 ※学校からは連絡しませんので、気象情報を把握しておいてください。
 2. 『暴風を伴わない警報』(例えば「大雨警報」・「大雨洪水警報」等)発令された場合には、危険と思われる場合は保護者の判断で登校を見合わせてください。(その場合には欠席にはなりませんが、必ずご連絡下さい。)
 ※天候の状況が悪く学校全体で登校を遅らせる場合には、学校より「校外委員会緊急連絡網」でご連絡いたします。
 3. 登校後「暴風を伴う警報」及び「大雪警報」が発令された場合、または発令されていない場合でも、状況により集団下校をする場合があります。その際は、「校外委員会緊急連絡網」でご案内いたします。

となっていて、あくまで「平均風速25m/s以上が予測されるとき」(※横浜地方気象台の場合)でないと出ない「暴風」の警報だけが「休校」のトリガーであることがわかります。
 きょうのように、「平均風速」ではそこまでは酷くないが強風で横殴りの雨、では休校にならない、というわけです。

 かわいそうに我が息子は、娘(某私立中)も休校、私も自宅から仕事、という状況の中、ひとりでとぼとぼと登校していきました。まあ、すぐに登校班に合流することにはなるわけですが。