読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Firefox 3.5にしてからひとつだけ不調なこと。

 ローカルPCで、PukiWikiを使って編集している某サイトだが、「編集」リンクをクリックしたり、「プレビュー」ボタンを押したときの反応がすごく悪い。TinyMonitorでCPUの使用率を見ると、50%(デュアルコアの片方使い切り)がずっと継続している状態。ただ、すべてのページでそうなるわけではない。直す方法はないか調べてみたが、あちこちで役立っている様子の GreasemonkeyBug 477564 - Session restore takes too much CPU with large form では直らない。そこで、編集画面のtextareaに表示されるwikiディレクトリ下のテキストデータのファイルサイズを変えて、実験してみることに。

  • 「テキストサイズ : 編集画面表示までの所要時間」:どちらも厳密な値ではないし、1回しか計測していないので参考程度だが、ひどさ加減はおわかりいただけるかと。
    • 4KB : 3秒以内
    • 6KB : 5秒
    • 8KB : 8秒
    • 10KB : 16秒
    • 12KB : 36秒
    • 16KB : 63秒
    • 24KB : 193秒……このあたりですでに使い物にならない。
    • 32KB : 520秒程度
    • 48KB : 20分(1200秒)を超えたため実験中止。

 ちなみに、手許のファイルは86KBぐらいのものまであって、そこまで実験する気は毛頭おきない。あと、48KBとか86KBのものでも、Google Chromeでは瞬時(1秒以内)に表示されている。

 次か次の次のリリースあたりでどうにかならないものだろうか……。